LinkIcon

見晴らしのいい法務サポートを目指します

民泊ビジネスに参加したい
 
電話でのお問合せ スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます
   
クリックしてメールクリックしてメール
 
受付時間 平日 0900-1800
土日は予約制
東京都行政書士会 登録番号 第17080639号
申請取次行政書士 日本イスラエル親善協会会員
東京商工会議所会員 民泊適正管理主任者
DSJドローン技能検定取得者
東京知的資産経営研究会研究生
  • What's New
2017/11/17

住宅宿泊事業法における二毛作営業について

2017/11/4

BNB Tour Support稲岡氏セミナーにて講演いたしました。

2017/10/28

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行日が決定

2017/10/22

WEBサイト全体をSSL化しました。http://からhttps://になります。

2017/10/11

BNB Tour Support社と民泊の関連業務で提携いたしました。

2017.10.7

外国人在留資格を追加しました。

2017.5.12

見晴らし坂行政書士事務所WEBサイトを開始しました。

ごあいさつ

見晴らし坂行政書士事務所とは

書類の作成、提出代行だけではないプラスアルファを目指して

名前の由来は「仙台坂」と「見晴し通り」

 事務所の名前のいわれにつきましては、現在の事務所付近には「見晴らし通り」があり「仙台坂」というところもあります。この二つを合わせてみました。「品川」「東大井」という冠もありかと思いましたが、気持ちとしては、見晴らしのいい坂で一息つける”ほっ”とした商売や生活をサポートできるような仕事をしたいと思い名付けてみました。
 事務所マークデザインはチャンスを広げようとか、サービスを幅広く広げようとする躍動感をテーマに作成してみました。

仙台坂
見晴通り看板
 

当事務所の理念は

対話を通してあなたの見晴らしのいいかたちを創造

 これまでテレビメディアで企業取材や経営者、起業家など数千件にわたる取材をしてきました。新たなビジネスを始めるときに誰もがぶつかる壁は「法律」や行政の「規制」。
 取材テーマであった「規制緩和」「構造改革」「地方分権」ではそういった変化するビジネスの最前線を取材してきました。
 一方で、行政の側にもなぜ規制するのか、どうしてこのような規定になるのかも取材しました。双方の立場を見て来たことを行政書士としての活動に活かすつもりです。

貴方のよき ビジネスと生活の 相談者になれることを目指しています。
 

 

大崎付近の桜咲く目黒川

在留資格・帰化

日本での安全な滞在

私は日本で働きたい、学びたいをサポート

入国管理手続きは、非常に難しく、最良の幅が広い手続きです。
間違った申請をして失敗する前に、私たち行政書士に任せることをお勧めいたします。

Immigration procedures are difficult and have broad disctretion.We recommended you to leave it to Alien registration administrative Scrivener before you fail to get legal permission.

寝そべる外国人

From your everyday life,to beginning a new business,I can help you in obtaining various kind of permits,licenses or authorization from the Japanese Governmental Authorities.
APPLICATION for foreign residents entering/staying in Japan
APPLICATION for long term and permanent residency
APPLICATION for obtaining nationality
International Marriage
Authentication (of official seals) Apostille
日本に滞在するは、在留資格が必要です。しかし、その手続きは非常に一般の方には
難しいもので、日本語を母国語としない外国人の方にとってさらにハードルの高いものになっています。
 取得後の住所や仕事の変更、結婚や離婚など届出が必要な場面が様々あります。その方法を怠ると、日本での滞在期間の短縮うあ退去強制、結婚しても一緒に住めないなど不利益な処分、取り扱いを受けることになります。
 インターンシップでの在留資格取得には、学んでいる学問と関係する職業でなければいけません。 当事務所では、外国人の在留資格取得・変更のほかに、永住、帰化なども視野に入れて、あなたの日本での滞在をサポートいたします。
 

日本国籍取得

帰化申請お手伝い

日本国籍取得で、家族一緒に日本人としての生活をしたい。仕事や子供の教育のために国籍を取得したい。など悩みは様々です。
永住とは異なり、帰化をすることでのメリットも考えると、滞在年数やご自身の年齢、経営や融資の面での信用度を考え、「帰化」を選択するする方も増えています。



外国人と日本人カップル

 
入国・在留関係の申請は法務省入国管理局に対して行ないますが、帰化許可申請は法務省法務局に対して行ないます。
法律的には国籍法に基づくことになり、新たな戸籍を作成し、日本人と同じ権利と義務を負うことになります。永住とは違い出国や入国の手続きや取り消しの恐れもなくなります。
 
日本の国籍を取得するには、様々な書類を集めることが要求されます。たとえば、母国の戸籍謄本や家族の来歴、収入や日本語の習熟度など、時と場合によって担当官庁からの提出要求がされ、非常に長期間の審査時間がかかります。家族全員分となれば就業中の方であればかなりのご負担になります。
行政書士は書類取得や申請書の作成や事前の法務局への相談のお手伝いをいたします。
時間もかかり大変な手続きですが、永住とは異なり、帰化はいったん取得すると退去強制などのリスクがなくなります。さらに日本での社会サービスの恩恵を受けることになります・ 
 
 
 
 

各種許認可

不動産開業許可

不動産ビジネスをしたい

一度は不動産屋さんで自らが居住するための物件を紹介してもらったことがあると思います。この不動産賃貸仲介業を営むには「宅建業の免許」を取得する必要があります。さらに開業と同時に会社設立をして信用度をあげるということも可能です。




不動産屋さんイメージ

 
有資格者や経営基盤、事務所の場所や間取りなど開業に向けて様々な書類、資料の提出が要求されています。また支店や本店、営業所の場所によって、どこに提出するのかも変わってきます。当事務所では、営業保証金の事務手配や会社設立から開業後の更新や変更の手続きまでサポートさせていただきます。
 

建設業許可

建設業を営みたい

建設業を営もうとする者は、軽微な建設工事のみを請け負う場合を除き、建設業の許可を受ける必要があります。「軽微な建設工事」とは、工事1件の請負代金の額が、建築一式工事以外の建設工事の場合にあっては500万円未満、建築一式工事にあっては1,500万円未満又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅の工事をいいます。従って、大きな仕事をしたい、取引先を増やしたいとお考えなら、避けて通れないものが、建設業許可です。

工事現場

 
経営に関する経験者や技能資格の所持者など、30種類弱に分類された業種の中でどれがいったい許可を出せばいいのかなど、悩みどころは数多くあると思います。また、毎年の決算報告や専任者の変更などの届出も、専門家に任せることにより手続きが迅速に進み時間の節約になります。
 

ドローン・民泊・その他ビジネス

ドローンビジネス

空の産業革命に参入するには

空飛ぶロボットとも言われる「ドローン」。飛行許可申請がいるのかどうか、この場合は飛。行許可だけで大丈夫なのかと悩まれる前に、自らもドローン操縦資格を持ち、テレビ撮影のプロでもあった当事務所の行政書士にお任せください。


ドローン飛行様子

 
「誰でも取れる」と考える国交省への飛行許可申請。最近では、申請件数も増えるに合わせて、事故の数も増えてきています。以前に比べ操縦者の資格要件や機体の種類や飛行コースなどの審査が厳しくなっています。さらには行政書士資格がない方が報酬や手数料を徴収し提出するという違法業者も出てきています。
つまり「誰でも取れなく」なってきています。当事務所では、飛行の許認可だけではなく、周辺の法律関係から読み解いて他の許可申請も代行いたします。
 
詳しくはこちらバナー詳しくはこちらバナー

民泊ビジネス

民泊はどうなっていくのか

旅館業法の許可だけではなく、政府の戦略特区による「特区民泊」などに加えて、「住宅宿泊事業法」が閣議決定されています。さらには各自治体が条例によって上乗せで規制をかけている場合出てきています。


外国人観光客イメージ

 
外国人観光客の受け入れ、空き家対策、賃貸住宅の高利回り金融商品として「民泊」は新しいビジネス分野として注目を浴びています。
当事務所では、大田区、品川区などの旧街道沿いの観光資源の活用のための「民泊ビジネス」の提案。またご自身所有の不動産物件の活用提案から違法民泊施設への対処方法、そして、新たに民泊施設として、保健所や消防署への書類の提出などの開業サポートをいたします。
 
詳しくはこちらバナー詳しくはこちらバナー

著作権・契約関連

創作者の権利を保護する

出演者の権利、創作者の著作権などが、新しいメディアの登場によって、簡単に侵害される場面が増えてきました。安易な出演者契約が拘束力が強すぎ、一種の奴隷契約と捉えられ所属事務所との紛争を生むことにもつながります。
「この契約方法で大丈夫か?」「自分の作品の権利を保護したい」などのお悩みにお応えいたします。
 

書類袋を持つ若いサラリーマン

 
当事務所では、長年、映像・音楽コンテンツに関わった経験を持つ行政書士がいます。クリエイターと使用者がともに満足する条件の提示や契約方法。著作権の登録などのサポートをいたします。また知的財産について弁理士、弁護士など、他士業へのご紹介もさせていただきます。
【主な業務内容】
出版権の設定や移転など登録したい……出版権の登録申請
○著作隣接権を文化庁に登録したい……著作隣接権の登録申請
○コンピュータープログラムを登録したい……プログラム著作物の登録
○文化庁に登録された著作物を見たい……登録原簿謄本・抄本・閲覧申請
○著作物の利用許諾の先が不明など……裁定申請
○相手と著作権の侵害でもめている……紛争解決斡旋申請
○譲渡、委託、使用許諾の契約書を作成したい……各種契約書作成
○音楽・映像・演劇についての契約書を作成したい……業界別の特殊型契約書作成
○著作物の制作依頼をしたい……制作委託契約書作成
○著作物の商品化について契約したい……流通に関する契約書作成
○著作物の公正な利用のために……著作権の調査、相談
○著作権等管理事業に進出したい……著作権等管理事業の登録申請

あなたの企業の見えない資産を”見える化”するお手伝い

 ○知的資産経営コンサルタント
知的資産経営報告書作成
 

 
外国人会議中
 
 
 
詳しくはこちらバナー詳しくはこちらバナー

 

飲食・販売・免税店

新しい業態のビジネスへの参入

「飲食店開店で手続きがちゃんとできるか不安」
「営業を開始するための手続きにどれだけ時間がかかるかわからない」
「開店の準備をしながら慣れない手続きをする自信がない」
など悩む前にぜひご相談ください。
 

 
レストランシェフ

許可要件の調査
保健所との事前調整
営業許可に必要な書類の作成
保健所への営業許可申請
保健所の現地調査の立会
   
営業業許可証の受領
警察署への届出(深夜営業の届出が必要な場合のみ)
消防署への届出
など主なものだけでもこれだけあるものを行政書士に
お任せください。
また、古物営業や免税店の届出などにも対応いたします。そのほかにも
経費削減方法や開業時に必要な様々なアドバイスや他士業の紹介などもさせていただきます
各種飲食業や関連産業の取材、舞台裏取材を通して見て来た経験をフィードバックさせていただきます。 
 

 

さらには外国人の雇用に関する在留資格取得、変更などのご相談も可能です。

 

○従業員等の在留資格取得や変更などのご相談もお受けいたします。

 
  
シェフと従業員
 
 
詳しくはこちらへバナー詳しくはこちらへバナー
 
   

営業車両を多く使用する企業様へ朗報

許可や更新の際に、見晴らし坂行政書士事務所に頼むメリット
他にはない経費削減が可能になります。
このほかにもより具体的なサービスがご提供できます。
ETC割引問い合わせメール
 
カムイコタン白い橋

見晴らし坂行政書士事務所フェイスブック